fujinosekaic’s blog 世界史授業備忘録

世界史教員生活30年記念

ファシスト ファーストか?民族対立の先導

ファシスト政府。Fascist governments. 

f:id:fujinosekaic:20180503214257p:plain

ドイツでは、アドルフ・ヒットラーの「ナショナリズム」(ナチズムNationalsozialismus:国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス))というイデオロギーは、自由主義的民主主義に対する権威主義的な第二の選択肢a second authoritarian alternative to liberal democracy.を提供した。ナチズムは、第一次世界大戦、憂鬱、そしてドイツ人の間で起こった懲罰的な戦争賠償という絶望感に基づいて成り立っています。ナチズムは、戦争をもたらした競争的な民族主義イデオロギーの極端なバージョンを提供した。ヒトラーファシズムを主張し、異国間の人種紛争の政治を見出し、権威主義を支持し、自由主義的価値を軽視したイデオロギーとなった。ナチス党が栄え、1933年にはドイツのリーダーになった。米国が参加しなかった国際連盟の国際的な不一致や弱点を利用して、ドイツはベルサイユ条約の罰則と制限を打ち消し、再軍備を開始した。他の国と同様に、巨額の政府武器支出は、ドイツ経済を復活させるために必要な刺激策にすぎなかった。これがヒトラーの人気を高めた。ヒトラーのイタリアのファシズム同盟国であるベニート・ムッソリーニ(1883-1945)も同様の民族主義軍縮プログラムを開始した。ファシズムは、スペイン、ブラジル、レバノンなどの他の模倣者も見つけました。
植民地時代のナショナリズム世界の植民地化された地域では、民族主義の指導者たちは、ヨーロッパや米国の自由民主主義の伝統に触発され、共産主義ファシズムに触発されたものもある。第一次世界大戦は、ドイツ、オーストリアオスマントルコの帝国を破壊した。中東のドイツの植民地とオスマン帝国領土は、国連の下で理論的に「義務」または「信託管理」としてフランスと英国に引き継がれました。 (南西アフリカのドイツ植民地は、南アフリカへ委任された)。結果​​的に、英国とフランスの帝国は戦争で生き残ったばかりでなく、さらに大きくなった。しかし、元オットマン帝国の中心であったトルコはムスタファ・ケマル・アタテュルクのリーダーシップの下、独立国家として戦争から浮上した。

それにもかかわらず、改革と独立のための民族主義運動は植民地に集結し始めた。インドでは、1885年に初めて設立されたインド全国大会が、独立の強力な支持者となった。 Mohandas Gandhi(1869-1948)では、インスピレーションを得て創造的なリーダーを見つけました。彼の非暴力的なイギリス統治に対する抗議行動は、1947年に独立を達成する上で決定的に重要な役割を果たした。アフリカの一部でも、クウェム・ネクローマ、レオポルド・サンゴール、ジュリアス・ニーレレを含む教育を受けた新しい指導者が出現し、彼らは完全な独立を求めるようになった。中国とベトナムでは、ソビエト共産主義の反帝国のレトリックが、国家主義者の毛沢東ホーチミンにインスピレーションを与えた。これらの地域では、知識人、芸術家、政治家は、近代革命がヨーロッパの植民地主義、不利な貿易関係、進歩の欧州のアイデアの形で到来したという根本的な事実と闘った。これらの女性と男性は、現代の技術、科学、政治組織を進歩させることを決心しましたが、それを自分の国の伝統や願望に合った方法を見つけることにも同様に取り組んでいました。

Fascist governments. In Germany, Adolph Hitler’s ideology of ‘National Socialism’ (Nazism) offered a second authoritarian alternative to liberal democracy. Nazism built on the sense of despair that World War I, the Depression, and the punitive war reparations caused among Germans. Nazism offered an extreme version of the competitive nationalist ideologies that had led to the war. Hitler became an advocate of fascism, an ideology that saw politics in terms of racial conflict between different nations, championed authoritarianism, and despised liberal values. The Nazi party flourished, and in 1933 Hitler became Germany’s leader. Exploiting international disunity and the weakness of the League of Nations, which the United States never joined, Germany threw off the Versailles Treaty’s penalties and restrictions and began to rearm. As in other countries, huge government expenditure for weapons was just the stimulus needed to revive the German economy. This in turn boosted Hitler’s popularity. Benito Mussolini (1883-1945), Hitler’s fascist ally in Italy, embarked on a similar program of nationalist rearmament. Fascism found other imitators as well, for example, in Spain, Brazil, and Lebanon.