fujinosekaic’s 世界史授業備忘録

世界史教員生活30年記念

そんな役割 そんな世代か

2019年は「孫文」を意識して個人的には勉強させていただいたけれど、これも神戸大学中等学校のお陰です。桃木先生をはじめとする関西の大先生達ともお話をさせていただけて凄く嬉しかった。また、文科の藤野さんとも接点が持てたこと、元都高教の藤野氏と並んで、いつかは3人で仙台に行ってみたいですね。f:id:fujinosekaic:20200107164423j:image
1919年の54運動100周年を記念してか、はたまた香港返還30周年「祈念」か、香港情勢と中国の存在が2020年も大きな問題である。個人的には「国際義勇軍」を組織したいぐらいであるが、中国製の催涙ガスジュネーブ条約上に問題は無いだろうか?って国内問題だから内政干渉でしょうか。少なくとも中国本土ではネット接続が世界とは違う基準になっている事や「異見表面権」には大きな制約がある事ぐらいは我々も考えるべきである。
明日は我が身とも言えるだろう。この点は日本人一人々々の「我が闘争」である。ふと気がついた時では遅過ぎるのだ。
gafaが使えないってどれだけ不便だか。中国本土に行けば良い。関西や九州だったら東京来るより早く?安く行けます。春秋航空とか機内でも体操してくれたり、チーフパーサーか❓CAのお兄さんのご講演=20分ぐらい話し続けてくれたが、幸いな事に当方中国語は解せず、機内でも一瞬の授業=教育には戸惑いつつ、機上の人々のマナーは良いから大丈夫です。駅やバス停では無いので中国名物のカー、ッペの洗礼はありません。まあ、マナー違反=不法行為は厳重に取り締まるってアナウンスもあるから。でも、中国の社会や人々を実感して欲しいのです。

で、「不東」では無くネットの「不便」だけは不安になる。不当な規制は民主主義の理念に反します。まあ、北京政府にしてみれば13億の民を何んとかせにゃならんし、これは大変な事です。市民・国民にとっても、少なくとも日本の10倍以上の競争に勝つ必要があるから。勿論年々富裕層も増えてるし…日本もなんとかせにゃいかんぜよ〜

で、できるだけ多くの世界史の問題に「日本」を絡めてみたらどうだろう。通常の授業には進行の制約があって無理だとしたら、問題のリード文や解答の選択肢として入れ込んでみるのはどうだろうか。直接的なものもあれば、リード文の文章の中に間接的に見え隠れするように散らしてみるのもありだろう。

長安の地でどら焼きが食べたくなった留学生=遣唐使と同じように,今の時代に自由なネット接続ができなくなったらを想像して、歴史を学ぶ意味を考えていきたい。

香港で今のようなネット接続が出来なくなったらどうだろうか。

これは今回の香港問題の主要テーマの一つである。これは決して一部学生の暴力や要求では無いのはやっと日本でも最近報道されるようになってきたが、メディアの偏向性にも注意したいですね。

例えば香港の安宿で有名な重慶大厦=チョンキンマンション。ここのニオイはインドである。ホテル代の高いHKGで僅か数千円で泊まれる。飛び交う言葉も其れ=カレーである。香港であって香港では無い。

f:id:fujinosekaic:20200107164602j:image
先ずは行ってみて欲しい。日本軍が接収したペニンジュラホテルの横、スターフェリーからも近いのだが、寧ろ有名なのは小説=「深夜特急」のオープニングの舞台でもある。沢木耕太郎に刺激を受けた世界史教員も少なくないでしょう。僕はちょっとずれてて落合信彦ですが。あの落合君の父上です。スーパードライのCMでも有名です。
その重慶という街を爆撃したのが我が日本帝国陸海軍。まあほとんど護衛機もつけずに良く行ったとも思うけれども、ゲルニカと同じ構造です。無差別絨毯爆撃です。まああそこまで陸上部隊は送り込め無いでしょう。雰囲気は内陸にある香港。川と坂の街です。夏に来たらヘトヘトになると思います。バスのルートが良く分からないけど、地下鉄とモノレールは便利です。タクシーってのも日本よりも高くはない。中国語さえできれば天秤棒のおじさんに荷物預けることもできる。
西安長安重慶もどこの街も中国は広いわ‼️ 歩き疲れる。更に常に再開発ラッシュ。久しぶりに行くと跡形もない街区も少なくない。まるで爆撃のあとみたいです。
で、この戦法を研究し、更には実際に爆撃を行ったのが東京大空襲に代表される米軍のB29。勿論原爆も⁉︎ 戦略爆撃機=超空の要塞ですね。うちの母親が代々木に住んでいた時に墜落したのを見に行ったとか。まあ父は下町ですぐ横に落ちた焼夷弾が不発だったので命が救われたのですが、そんな米国の大統領FDRの命令の元、その指揮官が空軍のC.ルメイ将軍。彼に勲章を贈った日本政府。時の総理は誰でしょう。日本史の問題です。

f:id:fujinosekaic:20200107164705j:image
で、原爆の絵はあるけれど、3/10は写真すら少ない。被害写真が残されていない‼️
公的な記録も米軍の記録頼みで良いのだろうか。その意味での叙勲❓
花見の記録もCIAが持っている? ゴーンを助け出したのも米軍の元特殊部隊の2人らしいし。金大中事件の逆パターンですね。下手すりゃ東京湾に浮いていた?
新幹線に乗っていてもきずかれないのは変装してた? 流石に清掃員姿では無いだろうが…でもJR西にはパナソニックと共同開発した顔認証装置があると聞くのだが。使われていないのだろうか? 使って欲しくは無いけれど。
人類は何処へ向かうのだろうか? イチローさんに聞いてみようか?
とりあえず関空へ‼️

日本軍航空部隊が重慶爆撃を始めたのは1938/12/28。
日中戦争支那事変)中の1938年12月18日から1943年8月23日にかけて、日本軍により断続的に218回行われた戦略爆撃をさす。これに先立ち1937年日本軍は中華民国の首都南京を攻略し占領した(南京攻略戦)。所謂南京虐殺につながるあれです。この辺りは読売TVの深夜枠に放送人の踏ん張りを見た思いがあります。地上波でも頑張った!
で、8月15日より日本海軍航空隊が南昌・南京等を台南の新竹基地と長崎大村基地から渡洋爆撃を行った。
9月28日 国際連盟の日中紛争諮問委員会、総会で日本軍による中国の都市への空爆に対する非難決議を満場一致で採択。
日本軍による「無差別攻撃」は同年4月26日のゲルニカ爆撃と並んで、世界航空戦史未曾有
(読めるか? フランシスコ君)の大空襲だとされた。
他方、1937年10月、ローマ法王ピオ11世(在位1922-39)は全世界のカトリック教徒に対して日本軍への協力を呼びかけ、「日本の行動は、侵略ではない。日本は中国(支那)を守ろうとしているのである。日本は共産主義を排除するために戦っている。共産主義が存在する限り、全世界のカトリック教会、信徒は、遠慮なく日本軍に協力せよ」と声明を出した。
 蒋介石が率いる中国国民党政府は首都機能を南京から漢口に移転したが、漢口も陥落、さらに内陸である四川の重慶への首都を移転した。

地上軍による攻略も計画したが、天然の要害である事や、兵站の問題もあり、即時の攻略は困難であるという結論に達し、陸海軍航空兵力(三菱九六式陸上攻撃機など)による長距離爆撃を実施した。ちなみに皇紀2600年がゼロ戦だから。